なす農業クラブにんじん

平成26年度 成果報告



 7月11日(金)、横須賀市青少年会館において平成26年度農業クラブ神奈川県連盟総会と意見発表、プロジェクト発表県大会が行われ、分校からは県連会長として青木さんをはじめ、事務局として大会運営などのために全校生徒が参加しました。 
 意見発表では3年生(小林君)と2年生(橋さん)1年生(小川君)が参加し、プロジェクト発表では2年生(川島君他2名)それぞれ初声分校らしい内容で発表しました。
意見発表
  <食料・生産>  1年 小川義生
               「私は農業高校を選びました」  優秀賞
   <環境>     3年 小林了司
               「バイオテクノロジーの力を信じて」 優秀賞
   <文化・生活> 2年 橋花英
               「頭で食べるということ」  優秀賞
プロジェクト発表
  <食料・生産>  2年 川島智徳 他2名
               「キタネグサレセンチュウをやっつけろ!
                    きれいなダイコン作りを目指して」




 8月20日(水)から21日(木)にかけて東京農業大学世田谷キャンパスにて平成26年度の関東地区学校農業クラブ連盟大会が行なわれました。
 初声分校からは県連会長代理兼神奈川県連旗の旗手として2年生の川島君が参加しました。
 意見発表やプロジェクト発表の3部門(食料生産、環境、文化生活)に各都県からの代表が集まり全国大会への出場権をかけて発表する大会なので、どの発表も完成度が高くすばらしい内容でした。  

                                
ニワトリ農業クラブQ&A
チューリップ農業クラブとは?  全国の農業高校生が加入しているクラブで、生徒会のようなものです。単位クラブ(校内)、県連盟、関東、全国と組織ができています。もちろん、初声分校も農業クラブに加入しており、全生徒がクラブ員です。全国の農業高校生は農業クラブでつながっているのです。  FFJマーク
 チューリップどんな活動をしているの?  大きく2つあり、校内行事の運営、県連行事等への参加・運営があります。各学年の農業クラブ本部役員が中心となって校内行事の運営や県連行事への参加・運営を行っています。  牛
 チューリップどのような行事があるの? ■プロジェクト・意見発表会
クラブ員が日頃のプロジェクト学習の成果や将来の目標などを述べる発表会です。優秀者は県大会、関東大会、全国大会へ出場できます。
■農業鑑定競技会
園芸に関する分野の作物や器具などの実物を見てその名前などを答える競技会です。年2回実施しています。その上位の生徒は校内決勝を行って、校内で1位の成績をとった生徒は全国大会へ出場することができます。
■圃場審査会(ほじょうしんさかい)
ホームプロジェクト(HP:家が農家の生徒)の畑を回って作物の出来ぐあいを審査します。農家の生徒が参加します。
■農高祭への参加
農高祭で展示・ミニ農業鑑定などを行っています。
 
 
 チューリップ県連行事とは(主なもの) ■県連役員会
 約月1回ごとに開かれ、県内の農業高校の本部役員が各校10人ほど集まって、県連行事の運営などについて話し合う会議です。会場は各農業高校を順番に回っていきます。
■プロジェクト・意見発表会
■家畜審査競技会
 乳牛や肉牛、豚などの家畜に関して競技者が外貌を審査基準に従って審査して順位をつける競技です。
■平板測量競技会
 一定の面積の測量を行う競技です。測量をしてその点を競うものです。初声分校には測量の授業はありませんが、希望者が放課後に練習をします。
■クラブ員リーダー研修会
 各農業高校クラブ員(本部役員)の交流を深めるために行います。
ニワトリ 
チューリップさらに、関東大会、全国大会があります。 平成26年度の関東大会は8月20日〜21日に東京都で
全国大会は10月に沖縄県で開かれました。
● 農業クラブの本部役員は農業が好きな生徒が集まり、目的を持って熱心に活動に取り組んでいます。
● 本部役員の生徒は行事が多くなりますが、他の農業高校の生徒と会う機会が多くなり、友達がたくさんできて楽しく参加しています。
  

このページのトップへ 学校生活へ学校生活へ戻る
あさがお垣根あさがお

クリックすると表紙に戻ります学校紹介募集要項授業内容学校生活各種情報クリックすると校内探険に戻ります