ー平成29年度版ー
  平成28年度版へ 
  平成27年度版へ
  平成26年度版へ

 3月10日  第65回卒業式が行われました! 
  

 
 
 前日までの雨もあがった3月10日、
初声分校として最後の卒業式が行われました。
前日は、雨の中、2年生の草花部門選択生と
1年生の草花部門選択予定者で、会場の飾花と、
コサージュの作成を行いました。
2年生は、3回目の飾花ということで、昨年を思い出しながら、
しかし、自分たちの意見を取り入れて、
草花部門で育てた花を利用して、綺麗に会場を飾っていました。

 今年の卒業生は32名でした。
式の後半では、分校での活動が特に優れた生徒達に賞状が授与され、
さらに、3年間の皆勤者1名が表彰されました。
卒業生は在校生の作ったコサージュを胸につけ、
しっかり前を向いて初声分校を旅立っていきました。 
 3月9日  代表者発表・卒業式予行・3年生を送る会 
  

 

 3月9日、卒業式予行等が行われました。
まずは、3年生の教室で、今年度の皆勤・精勤の表彰が行われ、
その後、「代表者発表」が行われました。
1月に行われた、3年生の「卒業発表」の中で、1年生・2年生にとって特に勉強になるであろう発表を、
1年生・2年生の前で発表し、今後の参考にする、というものです。
2名の発表を聞き、1・2年生は、難しいながらもイメージをつかもうとしている様子でした。
発表が終わった後の質問では、「どうしてこのようなテーマに興味を持ったのですか?」等、
在校生からも質問が出ていました。

 その後、体育館に移動し、卒業式の予行、続いて3年生を送る会が行われました。
3年生を送る会では、軽音楽部によるバンド演奏や、
生徒会役員が作成した3年間のスライドの上映や、
在校生から卒業生に向けたプレゼントの贈呈が行われました。
それぞれの生徒が、時間の無い中準備し、
卒業生が3年間を振り返ることのできる、とても充実した会になりました。 
 12月20日  平成29年度かながわキャリア教育体験発表会に参加しました 


 
 12月20日(水)、神奈川県立総合教育センターにおいて平成29年度かながわキャリア教育体験発表会がおこなわれ、初声分校からは3年生2名が参加して発表しました。
 発表した11校の中で、ほとんどはプレゼンテーションソフトを使った発表でしたが、初声分校の2名は授業の一環で作成した模造紙12枚を展示し、それを使って1年半にわたる長期現場実習の体験を通じて学んだことを発表しました。
 約200名の聴衆(各高校の先生方)を前にしての発表でしたが、大変落ち着いた、内容の深い発表となりました。
 
12月18日   第11回三浦バイオマスセンター消化液利活用検討会で発表しました

   

 12月18日(月)、三浦バイオマスセンターにおいてメタン発酵消化液の利活用検討会が開かれ、初声分校畜産研究部の3年生2名が研究内容を発表しました。
 2名は、昨年度おこなった内容を3月に発表しましたが、それをふまえ、この夏も引き続き、メタン発酵消化液の実証実験をおこないました。今年度は、ナス(昨年度よりの継続)、ミニトマト(新規)、葉物を使いました。
 参加者より「味はどうだったのか」「作物(収穫物)の見かけはどうだったのか」など、実際の生産現場よりの質問が多数出て、それについても生徒はしっかりと受け答えをしていました。
 現在は2年生が実験を引き継いでおり、今後も楽しみです。
 
 11月3日  販売イベント! 

  
 
販売イベントで、野菜苗と草花の販売を行いました!
 温かく、気持ちの良い秋晴れの11月3日、
JAよこすか葉山でおこなわれた「ふれあい祭り」と、
YMCA三浦ふれあいの村でおこなわれた「ふれあいフェスタ」にて、
野菜苗と草花の販売を行いました!
 野菜部門からはセロリ苗、草花部門からは、ガーデンシクラメン等を出品しました。
販売担当の3年生は、1年生に花の説明をしたり、会計を行いがら、18日に行われる農高祭の宣伝を行ったりと、頼もしい姿を見せていました。
 また、1年生も、先輩から受けた説明をもとに、質問に答えたり、
しっかりとお客様サポートをしていました!
 個人的に来ていた生徒や卒業生等の姿も見え、終始和やかな雰囲気でした 
10月20日   南太田小学校来校

  

 
  
 本日はなんとか天気も持ち直し、曇り空の中南太田小学校を迎えました。 
 道路が混んでいたことから見学の時間は予定より短くなってしまったものの、優秀なグリーンライフ選択生は柔軟に対応することができました。
 体験では前もって準備をしていたことと、説明のやり方や話のしかたなども少しずつ慣れてきただけあってスムーズに進めることができるようになってきました。体験内容の説明ではぎこちなさも抜け、「これを見て」と引き付ける一言や、「こうすると簡単にできる」などの、実習でやってきているからこそ分かるポイントを丁寧に教えることもできました。
 小学生を見守りつつ、褒めたり手助けを進んで行うことも多くなり、予定時間通りに終えることもできましたね。
 最後はお土産を手にはしゃぐ子や、学んだ事を友達に教える子らと共にお昼ご飯も食べました。
 また来てくれる日を楽しみにしています。帰り道、お気をつけて。
   10月14日  酪農体験のお手伝いに行きました

  

 
 10月14日(土曜日)、関口牧場にて酪農体験のイベントがあり、畜産研究部の部員が3名、お手伝いに参加しました。
 朝からの雨模様でしたが体験が始まる直前にやみ、薄日がさす中でできました。29名の子どもたちを相手に、給餌、搾乳、ブラッシング、バターつくりと一通りの体験をするときに、消毒や安全確保などいろいろな場面で部員たちは活躍しました。
  10月13日 師岡小学校来校 

 

  
 今回はあいにくの天気でしたが、校内見学と体験のふたつを各部門に分かれて行いました。
 元気の良く、好奇心旺盛な小学生にグリーンライフ選択生の表情も和らぎます。質問をされてもきちんと教えていましたね。
 見学のコースではお互いに道を譲りあい、移動しながら会話を弾ませるひとときも楽しい思い出となったことでしょう。
 見学、体験をしている間に仲良くなったのか、最後にハイタッチ。他の部門もやりたいという声もちらほらありましたね。
 また来てくれる日を楽しみにしています。雨もまだまだ降っています。帰り道、お気をつけて。
 
 9月24日   よこすか動物フェスティバルに行きました
 
 

 
  9月24日(日曜日)、横須賀にある三笠公園で今年度のよこすか動物フェスティバルが開催され、畜産研究部3名がお手伝いとして参加しました。
 朝から心地よい天候が続き、人にも動物にも過ごしやすいなかで畜産部員は、搾乳体験のために足や手の消毒、人の整理、乳牛の管理など様々な場面で活躍しました。
 ほかにも獣医師相談コーナー、動物クイズ、移動動物園や模擬店、消防体験、譲渡会などいろいろなブースがあり参加者とともに楽しんだ生徒たちでした。

 9月7日  環境教育校外講座が行われました! 

 

  

 9月7日(木)、観音崎自然博物館にて、初声分校の環境教育校外講座が行われました。この行事は、理科(生物基礎)の授業の一環で、毎年、1年生に対して行われてい ます。
 朝、観音崎自然博物館に集合し、観音崎周辺の地形の特徴や、どのような生物が磯では見られるのか、また、採集の注意点などの講義を受けました。
 その後、磯の生物を採集に行きました。
天気予報では、雨が危ぶまれていましたが、天気も持ちこたえ、様々な磯の生物を観察できていました。
 「ウニをとりたい!」と必死に探し、とても大きなウニをとる姿や、
「(講義で)危険だと教えて頂いたクラゲみたいなものがいました!」と、講師の方に報告をする姿が見られ、生徒一人ひとりが、一生懸命に取り組んでいました。
 その後、博物館に戻って、昼食をとり、採集した生物についての講義を受けました。
ウニや海藻の習性を、採取した生物を使って説明していただき、生徒も、興味津々の様子でした。
 最後に、ユカリの標本を作成した後、博物館の展示物を見学し、解散となりました。
三浦半島の地形や、海の生物を改めて学ぶ、充実した1日となりました。
 
 8月25日 生徒会本分校交歓会が行われました! 
 

  
 
 とても晴れ、気温も上がった8月25日、平塚農業高校(本校)から生徒会の本部役員が初声分校に来校し、交歓会が行われました。
 統合の関係により、最後の交歓会となるため、
 生徒たちは、「最後に相応しいことをしたい」
「せっかくだから分校ならではのことをしたい」と準備を行ってきました。
 まずは、自己紹介をし、お互いの生徒会活動について情報交換をしました。
本校・分校ならではの試みもあり、今後の参考にしている様子でした。
 その後は、外に出て、ウシのブラッシング体験です。
「本校にはウシがいないから、是非ブラッシング体験を!」ということで、
畜産研究部の部員でもある生徒会本部役員を中心に企画をしました。
 その後、休憩をはさみ、校内案内、バーベキューを行いました。
バーベキューは、ナス等の野菜は分校で収穫できたものを利用し
また、生徒の保護者のご協力もあり、三浦の海で採れた海鮮を中心に行いました。
バーベキューや、ウシのブラッシング体験の合間等では、
 本校・分校生が積極的に交流する姿が見られました!
夏休みの最後を、とても充実してすごすことの出来た1日でした。
 8月1日〜3日 資格取得特別教育講習が行われました 

  

 8月1日〜3日の3日間、資格取得特別教育講習が行われました。
毎年、希望する生徒等に行われるもので、今年は、アーク溶接の特別教育講習でした。
1日目と2日目の前半は、講義です。機械の扱い方や注意点、関連する法律等を学びました。2日目の後半と3日目は、実技が行われました。
 講義で聞いたことを思い出しながら溶接を行っていましたが、
「実際にやってみると難しい!」「(火花が)怖い!」と、
1人1人が試行錯誤していました。
 幸いにも、例年の8月上旬に比べると涼しい3日間で、熱中症になる生徒も出ず、
無事に講習を修了することが出来ました。 
 7月31日 交通安全教室が行われました 
  
 よく晴れた7月31日の全校登校日、
講師として、三崎警察署の方と、神奈川県警の方、佐川急便の方にお越し頂き、
交通安全教室が行われました。
 まず、副校長先生やPTAの方、講師の方々にご挨拶頂いたあと、
2グループに別れ、実技講習と、講義の班に分かれました。
実技では、巻き込み事故の危険性について学んだ後、
スマホを使用しながらの自転車運転体験、
実際にトラックに乗り込むという体験をした生徒もいました。
 トラックに乗り込むと、「想像していた見え方と違う」といった感想もありました。
講義では、「自転車は、車と同じ扱いである」ということを念頭に、
自転車の走るべきレーン等、乗り方を考えるDVDを見ました。
 残念ながら、時間が足りず、「トラックに乗ってみたかった」という
声もきかれましたが、生徒1人1人が交通安全について考える、良い経験となりました。
 8月3日 家畜審査競技会に参加しました 
 
 

 8月3日(木)、神奈川県学校農業クラブ連盟主催の家畜審査競技会が畜産技術センターで開催され、初声分校からは畜産研究部の生徒が乳牛の部に3名、肉牛の部に3名参加しました。
 今年度より、選手も役員も競技に関わる全員が防疫服の着用となり、より緊張感あふれる中で競技が進行しました。
 参加した生徒は防疫服の中で汗をかきながら、ウシの各部位や全体から受ける印象などを見たり触ったりしながら考えていました。結果は肉牛の部で1名が優秀賞となりましたが、それぞれの生徒がベストを尽くしました。 
 7月15日 三浦市農協のイベントに参加しました 

  

 7月15日(土)、16日(日)におこなわれた三浦市農協の農機具展示会に畜産研究部の生徒などのべ14名が参加しました。
 2日間にわたったこのイベントは、組合員に農機具を展示販売したり、地域の皆様に野菜の詰め放題や焼きそば・かき氷の配布など盛りだくさんの内容で、1336人の来場がありました。
 初声分校からは花部門の花の苗を出品して販売しました。参加した生徒たちはイベントを楽しみながらも一生懸命に花の説明などをして卒業生の農家や地域の皆様に初声分校をアピールできたと思います。
 
 6月24日 酪農体験のお手伝いに行きました 

  

 
  6月24日(土)、関口牧場において湘南自然学校による酪農体験(28名参加)がおこなわれ、初声分校畜産研究部より3名がお手伝いに行きました。
 開始前の物品移動や除草、掃除などの環境整備に始まり、参加者の靴底や手指の消毒や安全確保などさまざまな面で活躍しました。
 今回、初めて参加する部員は、乳牛に触れるのも初めてでしたが緊張しながらも楽しそうに活動していました。
6月3日 横須賀市親子酪農体験のお手伝いに行きました 

 
 
 
 

 6月3日(土)、横須賀市主催の親子酪農体験が関口牧場であり、初声分校の畜産研究部から2名がお手伝いに参加しました。
 抽選で選ばれた25名が、搾乳、ブラッシング、バター作りなどを体験し、酪農への理解を深めていました。畜産部員は参加者がウシになめられないように気をつけたり、手や靴裏の消毒、バターの作り方の説明などいろいろな場面で活躍していました。
 体験終了後は、販売用堆肥の袋詰め、メンヨウの毛刈りなど日ごろではできない実習をさせていただき、大変よい経験になりました。
 
6月3日   全公立展
   
 6月3日(土)、パシフィコ横浜において神奈川の高校展2017 全公立高校展が開催され、初声分校からは生徒18名と教員が参加しました。
 神奈川県内の農業高校5校が共同でミニブーケ作り体験を指導をしたほか、
各学校のブースがあり、紹介を行いました。農業に興味のある中学生や保護者の皆さんが学校の説明を聞いたり、ミニブーケ作りを体験したりと楽しそうでした。
 参加した分校の生徒も、しっかりとミニブーケの作り方を指導していました。
また、初声分校のブースを訪れた方に、「分校の特色は何ですか?」「通っていて、楽しい事は何ですか?」などと聞かれた際には、しっかりと応対し、アピールを行い、大活躍していました。
 
6月2日   施設見学に行きました!

 

 
 
 
 よく晴れた6月2日、1年生の施設見学(フラワーセンター大船植物園)が行われました。大船駅に集合し、フラワーセンターに向かいました。
 フラワーセンターに到着し、はじめに大船植物園の歴史や成り立ち、園内で今見られる珍しい花等をご説明頂きました。今日見るべき花などの紹介などもあり、しっかりとメモを取っている様子がうかがえました。その後、全員で園内を散策し、園内の散策とスケッチに各自で取り掛かりました。カメラを持ってきて写真を撮る生徒もいて、思い思いに充実した時間を過ごしていました。 
 5月29日 卒業生講話が行われました! 
 
 5月29日、ロングホームルームの時間を利用して、
3名の卒業生に来て頂き、お話を頂きました。
 それぞれ、大学に進学した方、就職した方、
農家の後継者として活躍している方でした。
「高校時代は何を頑張ったか」「どうしてその進路を選んだのか」
といった事のほか、在校生へのアドバイス等もお話頂きました。
 質疑応答の時間では、在校生が積極的に質問していたりと、
生徒を経験した先輩だからこそのアドバイスを、しっかりと聞いていました。
5月20日  酪農体験補助に行きました 

  

 

 5月20日(土)、近くの関口牧場でJAよこすか葉山主催の親子酪農体験が実施され、分校に畜産研究部から3名の生徒がお手伝いに参加しました。
 せっかくの機会なので生徒は朝7時からの搾乳もさせていただきました。ウシのフンかき、前搾り、ディッピングなど日ごろ学校ではできない酪農独自の実習を体験できました。
 10時からは親子酪農体験でした。生徒はえさやり、搾乳、バター作りなどいろいろな体験をお手伝いしました。
 昼食後は除角(角の細胞を焼ききり、生えてこないようにすること)を3頭おこない、貴重な体験となりました。 
5月18日   SPでナス・ピーマンの定植をしました!

  

 

 とてもよく晴れた5月18日(木)スクールプロジェクト選択の2年生は、
ナス・ピーマンの定植を行いました!
 最初に教室で定植の手順の説明を受け、圃場に出てから道具の使い方等の説明を受けて、自分が注文した苗を定植しました。
その後、誘引や水やり、生育調査を行い、気づけば何時間も圃場での作業を行っていました。
 「先ほど水やりをしたのに、もう乾いてしまっている!」
「どうすれば真っ直ぐ定植できるかな?」「笹で跡をつけたらどうかな?」
といったように、1年間の経験を活かして、工夫したり、様々なことに気づいて作業を行っている2年生でした。
 これから暑くなってくるので、水やりを含め、より一層の注意が必要になってきます。
 
5月15日  生徒会・農業クラブ総会が行われました! 
  
 5月15日(月)のロングホームルームの時間を利用して、
3年生の教室に全校生徒が集まり、生徒会・農業クラブ総会が行われました。
 総会では、28年度の行事や決算報告、29年度の行事案等の提示を、生徒会・農業クラブそれぞれで行います。
 承認が得られれば案の通り活動できる、というとても大切なものです。議長や報告等をする生徒は、前々から、しっかりと準備を行っており、堂々と発言することが出来ていました。「案が可決されたので、より一層、頑張らなければならない」と気を引き締める、各本部役員でした。 
 5月13日 JAよこすか葉山ふれあい祭り(春)に出店しました! 
 

 天候が危ぶまれた5月13日(土)、JAよこすか葉山で行われた、
ふれあい祭り(春)に、分校から出店しました!
 教員3名、生徒8名で、野菜苗や花苗の販売をしました。前日の1年生の実習では、出荷準備を行いました。
 午前中は小雨でおさまっていたものの、時間が経つにつれ、雨脚が強まり、
ついには、15時までの予定が、14時までの短縮となってしました。
 「天気がよければ・・・」と何度も思いましたが、それでも、生徒たちは、一生懸命、野菜や花の説明・販売を行い、沢山のお客様と交流を持ちました。
 
5月7日  岩沢ポートリーの朝市に出店しました! 
  
 ゴールデンウィーク最終日の5月7日(日)、分校職員2名と、生徒2名で岩沢ポートリーの朝市に出店し、初声分校の草花苗や野菜の宣伝を行いました、
 朝市では、たまごかけご飯や、メロンパン等、沢山のものが販売されており、
沢山のお客様でにぎわっていました。
 野菜部門から、トマトを出品しました。直売に来てくださっている方から、
「今日もトマトが買えてうれしい!」という声があがっていました。
また、草花の苗も「分校の苗は長持ちするから良い」といった称賛を頂きました。
 生徒たちも、お客様とお話をし、自分で育てているものに自信をもった様子でした。 
 5月2日 新入生歓迎ボウリング大会が行われました! 
  
 5月2日(火)、ボウリング大会が行われました!
これは、毎年、新入生歓迎と生徒同士のコミュニケーションづくりを目的として、生徒会が主催しているものです。
 各レーン、学年混合で4人ずつ、25レーンに分かれて、2ゲーム行いました。
ゲーム中は、学年の枠を越えて、積極的に交流を行っている様子でした。
また、「どうしたらスコアが良くなるのか」等、巡回を行っていた教員とも交流を図りながら、ボウリングの楽しさを知ることも出来ました。
生徒数が少ない、初声分校ならではの行事です。
総合のスコアの優秀者は、6月に表彰状が授与されます。
 
4月23日  酪農体験のお手伝いに行きました 

 

  
 4月23日(日)、横須賀の関口牧場にて酪農体験があり、畜産研究部から3名の生徒がお手伝いに行きました。今回参加したのは3年生で、以前にも酪農体験をお手伝いしたことがあり役割分担や役割の連携もスムーズにできました。
 体験に参加したのは4歳から小学生までの35名で、ウシの大きさや温かさにびっくりしながらも牧草給餌、搾乳体験、ブラッシング、バター作りとさまざまなことを体験していきました。
 畜産研究部の生徒たちは、体験終了後に堆肥の袋詰めや除角など普段の牧場での作業を行い、より深い体験となりました。
 
4月20日    2年生のプロジェクト学習
    4月20日、晴天の中、2年生のプロジェクト学習が本格的に始まりました。
初声分校では、2年生になると、木曜日を1日使い、
自宅が農家の生徒はホームプロジェクト(HP)として、卒業まで、自宅の畑でのプロジェクト学習、それ以外の生徒は、スクールプロジェクト(SP)として、ナスかピーマンを選択し、自分で畑を持ち課題設定をしてプロジェクト学習を行います。
 また、SPの生徒は、2学期以降「依託実習」として、自分で選択した外部の場所に、実習に行きます。
 SPの生徒は、本日、自分の畑に堆肥をまき、クワで耕しました。
「先生が予め色々なことをやってくれていた1年生の頃とは全く違う!」と驚きながらも、「プロジェクトを成功させよう」と今から気合いを入れている2年生でした。 
4月17日  携帯電話教室が開催されました! 

  

 4月19日(火)に、1年生を対象に携帯電話教室が開催されました。
 株式会社NTTドコモから講師をお招きして、携帯電話利用のマナーや、SNSについての危険性を例示し、携帯電話の利用について考えさせるという目的で講演をしていただきました。
 スマートホンや携帯電話に関わる身近な事件や被害について、実際に起こった事例を踏まえながら大変分かりやすくご説明頂き、生徒も真剣に聞いていました。
 特に、「文字でのコミュニケーション」の危険性について、少しの誤解が大きな問題となってしまう、という説明を聞き、改めて考えさせられた様子でした。
 
4月11日・12日  1年生の宿泊オリエンテーション 
  
    

    
  4月11〜12日に1年生の大山宿泊オリエンテーションを行いました。この行事は毎年恒例で、農業と雨の神様を祀っている大山に登ることで今後の農業高校生活の安全と無事を祈願するものです。
「晴れ女です!」と自負する担任の自信とは裏腹に、天候はあいにくの雨模様でしたが、朝8時に分校に集合し大山に向けて出発しました。
宿舎に到着後、大山登山を計画していましたが、雨のため翌日に延期し、宿舎でオリエンテーションや、自己紹介の模造紙を作製し、発表を行いました。
模造紙作製と発表という形態は、入学から卒業まで学習活動として関わっていく作業です。
夜は、校長先生や副校長先生、卒業生の講話が行われ、生徒たちは熱心にメモを取っていました。
翌日は、天候が回復したため、大山阿不利神社下社まで、徒歩で行きました。
下山はケーブルカーを利用し、宿舎で昼食を頂き、分校に戻ってきました。

クラスメイトと交流をし、仲間作りができた様子でした。
4月7日 平成29年度入学式 
 
      

4月7日(金)に初声分校体育館で平成29年度の入学式が行われました。
あいにくの天気となってしまいましたが、2・3年生の草花選択生が自分達で栽培した草花を飾花し、華やかな雰囲気の中、32名が入学しました。
新入生は不安と緊張で表情もこわばりがちでしたが、学校長からの言葉や来賓からの祝辞、新入生代表による宣誓、あいさつなどがあり、分校生としての心構えもできたようでした。