教育方針おじぎ

とり とり とり 校舎の絵
教育内容 授業は国語・数学や保健体育などの共通科目に加えて、農業の科目を学習します。農業科目とは、農業と環境、農業情報処理、総合実習、農業機械、グリーンライフなどです。教室での学習活動だけでなく、農場(畑や温室内など)や実験室、情報処理室での実習や実験も行います。共通科目と農業科目の割合は、共通:農業で3:2ぐらいです。
学校の特色 3年間で卒業できる昼間定時制高校です。
初声分校は、昼間の定時制高校なので、授業はすべて昼間に行っています(夜間の授業はありません)。また、全日制と同様、3年間で卒業できます。さらに農業についてより深く勉強したい人は、4年生に進級して学習することもできます。

【 1日のタイム・スケジュール 】

8:40〜8:50

朝のホームルーム

8:50〜9:05

清掃

9:10〜10:00

1校時

10:10〜11:00

2校時

11:10〜12:00

3校時

12:00〜12:40

昼休み

12:45〜13:35

4校時

13:45〜14:35

5校時

14:45〜15:35

6校時

花びら 1学年1クラスの小規模校
 初声分校は1学年が1クラスだけです。全校合わせても約100名の生徒数という小さな学校です。そのため、お互いに名前もすぐ覚えられますし、家庭的な雰囲気で、生徒同士および生徒と教員間のコミュニケーションがとりやすく、行き届いた指導が受けられます。


花びらプロジェクト学習
 2、3年生の毎週木曜日はプロジェクト学習日になっています。家が農家の生徒は、学校へは登校せず、家の畑で実習を行います。農家でない生徒は2年生1学期は登校し、学校の畑で作物の栽培を行います。2年生2学期以降は下記の依託実習に出るか学校でのプロジェクト学習をするかを選択します。
 プロジェクト学習を通して、土や作物に触れながら、また体験実習を通して何事にも熱心に取り組む態度と姿勢を身に付け、栽培方法や農業経営、将来の職業に関する学習を深めます。

花
花びら依託実習
2年生の2学期以降、農家ではない生徒は毎週木曜日(プロジェクト学習日)に依託実習を行います。依託実習とは、実習の場を学校外に依託して、産業現場での長期現場実習を行うことです。依託実習先は園芸店、生花店、造園会社、ペットショップ、建築業、自動車整備工場など、農業に限定せずに、自分の興味ある分野を、自分で選んで決めます。依託実習を通じて、仕事をすることの意義と価値を学び、将来の進路を決める際どのようなことが大切であるかの理解を深めます。依託実習は2年生の2学期から3年生の3学期まで行います。

チューリップ
HOME
***教育方針***